スキルアップと協調のバランス

ソフトウェア開発にとって、主要な開発メンバーとなるのがプログラマである。ソフトウェア開発に必要なプログラミング技術を持っている事が特徴的な職業である。そのため、プログラミング技術者にとって、ソフトウェアの開発スキルが何より重視される。将来名の知れた技術者になるため、技術向上に力を入れている人も多い。

しかしその一方で、技術偏重に陥ってしまい、技術者として仕事をする上でのバランス感覚を失うことには問題がある。ソフトウェア開発は、チームで行う事が現代の開発スタイルの主流となっている。その場合、複数の人間が協力して開発を行うにあたり、心がけるべきポイントがある。協調性は、人間同士が共に同じ仕事に従事する際に必要とされる能力である。協調性を失っていては、チームワークが必要な開発の仕事をやり遂げることはできない。そのため、プログラマとしてプログラミングのスキルアップを重視するあまり、協調性を失うことは避ける必要がある。たとえ自身がチームのメンバーの中でも秀でた開発技術力を持っていたとしても、協調性を発揮できなければチームの開発力向上には繋がらない。最終的な目的であるソフトウェアの開発という事柄が、開発チームに身を置くプログラマにとって優先すべきことである。プログラミング技術のスキルアップに並行して、協調性を持つための能力向上にも力を入れると、次第にその成果が開発チームにも及んでくるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です